~Travel around the world~

海外でiphoneの盗難にあった際やるべきこと

こんにちは!まつば旅(@matsubatabi1103)です。

この記事に到達している方は、おそらく携帯を紛失盗難に遭い、困っている方かと思います。私もその経験をし、絶望して旦那の携帯ですべきことを調べまくりました、、笑

まつば旅
盗られた直後は時間との闘いなので、今回はできるだけ簡潔に要点ごとにまとめました!

今回は、スペインのクレイジーな祭り「ラトマティーナ(トマト祭り)」に参加した際に、iphoneを盗まれてしまった経験を元に、海外で盗難に遭ったらすべきことをまとめました。

盗られた際の話や動画は、最後のまとめの下に貼っているので気になる方はそちらもチェックしてみてください!

「iphoneを探す」を使う

まずは、Apple公式アプリ「iphoneを探す」を使って、犯人(携帯)の場所を特定します。(知人や自分の別のApple製品が必要。)

アプリを起動すると、Apple IDパスワードが求められるので入力すると、そのIDとパスワードに紐付けられている全てのデバイスを確認することができます。

もしこれで、場所が特定できてオンラインになった時間も、直近であれば見つけられるかもしれませんが、時間との闘いです!

Apple公式の盗難に遭った際の手順のサイトはこちらです→Apple公式サイト

まつば旅
盗まれた携帯がネットに接続されていないと、位置情報が確認できないので、そのときは諦めて悪用されないようにする対策に移りましょう。
質問者
そんなにあっさり諦めきれないし、気持ちは切り替えられないよ、、
まつば旅
私も同じ気持ちだったので痛いほどわかりますが、過去に盗難で悪用されて何万何百万と請求された方もいるみたいです、、実際は半泣きで次に移りました、、つらい(泣)

「紛失モード」をオンにする

「iphoneを探す」のアプリ上で、紛失モードをオンにします。

そうすることでApple Pay が無効化されるので、これだけでも少し悪用の被害を押さえることができます!

またこれをしておくことで、次に盗難にあった携帯がインターネットに接続された際に、紛失モードになりこちらに通知が来ます。

iphone を消去する

これは最終手段です。

アプリ上でiphoneを削除することで、遠隔で完全にiphoneの中にあるデータ全てを削除することができます。

ただしこれを行うと、バックアップをとっていない写真やビデオとはおさらばですので、慎重に!

まつば旅
これを行うにはかなりの勇気がいりますが、海外での盗難はほぼほぼ見つからないので、悪用される前に消去する方がいいのかなと思います、、

携帯会社に連絡して、回線を止める

海外のSimカードを使用していて、クレジットに紐付けていないのであれば特に問題はないのですが、日本のSiカードを挿している場合やクレジットカードに紐付けている場合は、すぐに携帯会社に連絡して回線を止めてもらいましょう!

Docomo : 紛失・盗難などによる利用中断・再開

AU : 盗難・紛失でお困りのとき

Softbank : 紛失・盗難にあったとき

 

現地の警察に行き、盗難・紛失届を出す

携帯を悪用されないように対策をとったら、警察に行って被害届を提出します。

これは「海外旅行携行品紛失」の保険を請求する際に必要になる書類なので、海外で警察にいって説明して、、と億劫になるかもしれませんが、なるべく早い段階で必ず行っておきましょう。

まつば旅
その際にIphoneのシリアル番号を聞かれるので、どこかにメモしておくことをオススメします!

警察に行ってどうしたらいい??

現地警察に行くとなると、現地語もしくは英語でのやりとりになります。

主に警察で聞かれることは、被害を受けた場所、時間、犯人を見たかどうか(見たのならその容貌)などを聞かれます。その際に携帯のバージョンや色、シリアル番号、IMEI(端末識別番号)も一緒に伝えます。

現地語や英語が苦手、、って方は「My phone was stolen!」とだけ伝えておけば、あとは書類を渡されて自分で記入していく流れになるかと思います。

まつば旅
現地語や英語に自信がない方は、いろいろとメモしておくといいかと思います!もしくは誰かと一緒であれば、携帯を借りてGoogle翻訳を使うとスムーズです!

そして、警察署で渡される書類に記入していきます。

項目は主に「名前」、「生年月日」、「日本の住所」、「海外旅行中の滞在住所」、「身分証明書(パスポート)のナンバー」、「紛失・盗難にあった日時/場所の詳細」、「紛失物の特徴」などになります。警察に届け出を出す際にはパスポートの提示を求められるので、パスポートの持参も忘れずに!

まつば旅
また、私はブニョールとマドリードで2度警察に行きましたが、どちらとも警察の担当して頂いた方の署名入り書類のコピーをもらいました。紙なのでなくさないようにしましょう!

 

保険会社に連絡し、補償請求する

ポリスレターをもらったら、自分の加入している保険会社に連絡をします。

私たちは、楽天とエポスのクレジットカード保険を使っているので、ひとまずメインで使用している楽天に連絡してみることに。

盗難に遭った経緯を詳しく聞かれるので説明し(おそらく嘘をついていないか確認されているのかと)、保険の審査・下りるまでの流れを教えていただきました。そしてその際に、「警察にてポリスレターを貰ってきてください」と言われたので、行っておいて良かったです!

まつば旅
私たちの使っている楽天プレミアムの保険だと、1品10万円が限度額で自己負担3000円で申請可能とのことでした!この10万の限度額は、携帯の購入時価格と、使用期間などを計算してMax10万の中から保険額が決まるとのことでした!保険会社によって内容は変わるので、自分の保険会社に連絡してきいてみましょう!

上記のやりとりが済むと、「経緯などの情報は記録したので後は帰国後に再度連絡し、書類を送れば大丈夫です。」とのことでした。また、申請期限は事故から3年とのことでしたので、帰国後で問題ないのも大きなポイントでした!

資料を送付する際は、警察の書類と日本の出入国がわかる物(航空券やパスポートなど)のコピーを提出が必要とのことでした。また帰国後に請求したら手順をまとめたいと思います。

元々日本にいた時に楽天経済圏でやりくりしていてプレミアムにしていたのですが、海外保険もかなりオススメだなーと改めて実感しました!

 

【重要!】盗難に遭う前にやっておくべきこと~被害は最小限に!~

  1. Apple IDとパスワードを覚えておくこと!
  2. 自分のiphone のシリアル番号を控えておく!
  3. 写真や動画は常にバップアップを取っておく!(私がIcloudを使っています!)
  4. Iphoneのメモ帳にパスワード等メモしている方は、そのページにロックをかけておく!

まとめ

海外でせっかく楽しんでいる時、盗難に遭う絶望感と言ったらもう、、最悪です。笑

メンタル的なことはもちろんですが、慣れない海外であれこれとしないといけないことも多くて大変です。

もちろん盗られないように細心の注意を払っていることが大前提ですが、上記にまとめたことを押さえておけば、被害は最小限に抑えることができるので、泣きながらでもいいので頑張って対応していきましょう!!(私は絶望+キレながら乗り越えました笑)

また盗られる前に、リスクは最小限に!動画や写真はバックアップは忘れずに!←これ大事!

合わせて読みたい

こんにちは!まつば旅(@matsubatabi1103) です! 今回は、イッテQでも紹介されたことのあるスペインのクレイジーな祭り、ラトマティーナ(トマト祭り)に参加した際に、iPhoneを盗られたことについてのち[…]

今どこにいるか見る!