~Travel around the world~

世界一周の定義って?ルールはあるの?

こんにちは。まつば旅(@matsubatabi1103)です。

 世界に目を向けるようになった10代のころから自然と夢見てた「世界一周」。ふと「世界一周って結局なんだろう?」「世界一周の定義って?」と思ったのですが、結局これといった答えはなく漠然としているものであったため、私の思う世界一周についてまとめてみました。

 世界一周や旅を考えている方のお役に少しでも立てたらうれしいです。

世界一周の定義

世界一周の定義って何だと思いますか?世界一周というと、5大陸すべてにいくことや、すべての国に訪れることなどをイメージされがちですが、実はとっても単純で、「地球をぐるっと一周すること」を指しています。また、「太平洋と大西洋を1回ずつ横断して、地球を一周し、出発した場所に戻ってくること」などとも言われています。どっちにしても、なんだかざっくりしていますよね。笑

たくさんの国を訪れなくても、日本→アメリカ→フランス→日本と旅したとしても、地球をぐるっと回っているので、これもれっきとした世界一周に当たるそうです。これで「世界一周した!」と思えるか、「もっと何カ国もいって世界一周でしょう!」と思うかは人それぞれで、どちらにせよ世界一周したことになります。

世界一周は他人ではなく自分がどう思うか

世界一周の定義は、いろいろ言われているのと、人それぞれで考え方によって内容がかなり異なります。

なので「どんな旅(世界一周)にするかは自分次第!」です。定義や他人の捉え方にとらわれず、自分のしたい旅、行きたい国、行きたい期間設定でいくのが良いかと思います。

私は、行きたい国が多すぎて、「あの国も行きたい、ここも行きたい」と思っていましたが、南米のコロンビアに行った際の航空券代とフライト時間の長さにびっくりして、日本から行って帰ってする航空券代と時間を考えたら、世界一周した方が良いのでは・・?と思うようになり、世界一周を目指しているので、できるだけ多くの国を回りたいと思っています。

「行った国に戻ることは世界一周とは呼べない」 と言われている記事も見ますが、私の実現したい世界一周は、一つでも多くの国を自分の目で見ることであり、好きな国やもう一度行きたい国があれば戻っても全然いいと思っています。

旅に出たい!と思う人にはそれぞれ、旅でしたいことや叶えたいこと、想いがいろいろとあると思います。なので、他人がどう言おうと、世界一周の定義がどうであろうと、自分のやりたい「世界一周」がこれ!だと思うことができれば、それは世界一周と呼べるのではないかと思います。

一時帰国したら世界一周とは呼べないのか?

そんなことを書いていたら、ふと一時帰国する人はどのくらい居るんだろう、、と気になって調べていると、「一時帰国する人はその旅を世界一周と呼べるのか」といった内容の記事を見つけました。確かに、一周ぐるっと回るという定義であれば、出発地点に帰った時点で世界一周終了と言うことになってしまうのでは、、?とハッとしました。一時帰国するに当たって、日本で家族になにかあったり、友人の結婚式で帰国したい、飽きてしまった、ちょっと日本恋しいな、など元々計画に組み込まれている一時帰国から、ふと一時帰国したり理由はさまざまかと思います。

でも、よく考えたら、地球をぐるっと回るという定義で考えれば、一時帰国した時点(飛行機のフライト方向にもよりますが、、)でぐるっと世界一周が完了していることになるのではないか?とふと思いました。再出発すると2周目になるのかな?笑

ちょっとそこら辺は捉え方次第なのでわからないですが、今は数週間で行く世界一周ハネムーンというのものあるようで、それだと期間にもよりますが、数カ国だけ訪れて世界一周を叶える方もいらっしゃるそうです。2週間ほどで叶える世界一周もあれば、数ヶ月、年単位で叶える世界一周もあるので、私個人的には、どのスタイルでもぐるっと地球を回れば世界一周と呼べるのではないかと思います。

まとめ – 世界一周に馳せる思いは人それぞれ

いろいろと言いましたが、結局「世界一周」というのはただの言葉にすぎず、世界一周に馳せる思いはひとそれぞれだと思います。数多くの国を回ることや、期間の長さなど人と比べようと思うと、上には上がいて、自分が世界に出て、何を見たいか、なにをしたいのかで、内容がかなり変わってくると思います。なので、旅は人と比べて優劣をつけるためのものでもなく、自分がいかに満足できるのかが大切なのではないかと思います。

「世界一周」という響きがかっこいい!と思って世界一周と言う方も居れば、わかりやすいし細かく説明するのがめんどくさいなどの理由から世界一周と言う方もいると思うので、どれが世界一周でどれだと違う、といった争いよりも、他人の旅は他人のもの、自分の旅だけが自分の口出せるものとして捉え、みんなが楽しく自分の想い想いの世界一周を叶えることができると良いなと思います。

個人的にオススメな書籍紹介

世界を夢見た10代の頃から旅本を読むことが大好きで、たくさん読んできたのでその中でも個人的にオススメな書籍を紹介します。

Love & free 世界の路上に落ちていた言葉 [ 高橋歩 ]

価格:1,430円
(2021/8/20 10:23時点)
感想(15件)

死ぬまでに行きたい!世界の絶景 [ 詩歩 ]

価格:1,430円
(2021/8/20 10:16時点)
感想(99件)

今どこにいるか見る!